タイトル 2020年度 日本万国博覧会記念基金
 カテゴリ まちづくり・観光,学術・スポーツ・芸術・文化,人権・平和,国際協力,科学技術の振興,その他
 助成団体 公益財団法人 関西・大阪 21 世紀協会
 助成目的 日本万国博覧会記念基金事業は、1970年(昭和45年)に開催された日本万国博覧会の成功を記念し、1970年大阪万博の収益金の一部を基金として管理し、その運用益を万博の成功を記念するにふさわしい国際相互理解の促進に資する活動や文化的活動を対象に、1971年(昭和46 年)から累計で約4,500件の事業に対して約191億円の助成金を交付しています。
 助成対象

■対象活動
1970 年万博の理念を継承し、「日本万国博開催の意図」(注 1)の趣旨に適った次の活動を対象としています。
・国際相互理解の促進に資する活動
 ① 国際文化交流、国際親善に寄与する活動
 ② 教育・学術に関する国際的な活動(注 2)
また、2025 年大阪・関西万博(以下「2025 年万博」という。)の開催が決定したことを受けて、2025 年万博に向け、1970 年万博の理念を継承・発展させ、新たな時代の価値創造へとつなぐ活動を優先的に採択します。
注 1 「日本万国博開催の意図」について、詳しくはホームページをご覧ください。
(http://www.osaka21.or.jp/jecfund/information/)
注 2 ②教育・学術に関する国際的な活動のうち、学術関連の国際会議の実施については、
重要でありながら運営資金が不十分とされている次の分野を対象とします。
・自然科学の基礎的な分野にかかる国際会議
・人文・社会科学系の国際会議

■対象事業
重点助成事業、一般助成事業共通
(1) 1970 年万博の理念を継承し、「日本万国博開催の意図」の趣旨に適った国際相互理解の促進に資する事業であること
(2) 事業の計画及び方法が適切であり、かつ助成効果が期待できる事業であること
(3) 助成の効果が特定の者のみに寄与すると認められない事業であること
(4) 日本との関係が認められる事業であること
(5) 第三者が実施する事業の資金提供者に事業者がなるとみなされない事業であること
(6) 事業者の経常運営とみなされない事業であること
(7) 申請額が総事業予算の 5%以下で当該助成の効果が期待できないとみなされない事業であること
(8) 単に調査研究を目的としたものとみなされない事業であること
(9) 宗教活動又は政治活動を目的としたものであるとみなされない事業であること
(10) 基金を設立するためのものであるとみなされない事業であること
(11) 個人が実施する事業であるとみなされない事業であること

重点助成事業のみの条件
新規事業で、基金事業助成ならではの独自性があり、これからの発展が期待される事業であること(ほぼ同じ内容を毎年繰り返す事業ではなく、年度毎に発展させていく複数年の継続事業は対象となります。ただし、各年度で審査を行います。)

■対象者
事業を遂行するに足る能力を有する、国及び地方公共団体を除く公益的な事業を実施する団体とします。
法人格の有無は問いませんが、個人及び営利法人の申請は対象外です。

※営利法人であっても、事業のため実行委員会などを組織されて申請される場合は対象となります。
※国及び地方公共団体が実質的に実施をしているとみなされる事業は、原則として助成の対象から外れる場合があります。

 助成金額

助成金の申請は、助成対象事業費の合計に対し3/4以内の額を上限として、次の事業を募集します。
必要な金額を10万円単位で申請してください。
申請額が300万円を超える場合は重点助成事業として申請して下さい。

1.重点助成事業
助成金額は、1,000万円を上限として、数件程度採択を予定しています。
該当なしの場合もあります。

2.一般助成事業
助成金額は、300万円を上限として、数十件程度採択を予定しています。

 応募締切 9月30日(月)  消印有効
 問合せ 公益財団法人 関西・大阪 21 世紀協会 万博記念基金事業部
TEL.06-7507-2003/FAX.06-7507-5945
E-mail:jec-fund@osaka21.or.jp
url http://www.osaka21.or.jp/jecfund/information/