タイトル 休眠預金を利用した助成金事業「がん患者支援などの事業」、公募について
 カテゴリ 健康・福祉
 助成団体 公益財団法人日本対がん協会
 助成目的 がんは1981年に、日本人の死因のトップになって以来、罹患者・死亡者ともに増え続け、今や生涯で2人に1人ががんになり、年間で3割近くの方ががんで亡くなっています。がんはかつて「不治の病」と言われていましたが、医療の進展で治る病気になってきました。しかし、世間では不治の病という偏見ともいえる認識がいまだに根強く、がんと診断されると約3割の方が離職せざるをえないとの統計があります。また、がんによる心理的ストレスから 自殺する方も多いという現実があります。
がんはまた、子どもやAYA世代(思春期・若年成人の病気でもあります。例えば、厚労省の統計では5~14歳の子どもの死亡原因は、不慮の事故と並んでがんが多くなっています。がんは年をとってからの病気というイージが強いですが、子どもやAYA世代の病気でもあります。こうしたがん患者への支援は決して十分とは言えません。患者支援をさらに推し進めるため、実行団体の公募を以下の要項に沿って実施します。
 助成対象 ・事業期間:2020~22 年度(2019 年度も準備期間として事業の助成対象とします)
・採択予定実行団体数:5 団体前後
・対象となる団体:がん患者・家族の支援を目的に活動する団体
・対象地域(全国、地域ブロック、特定の地域や県等):全国または特定の地域対象でも可助成対象:
実行団体に期待される役割は以下のとおりです。
① 行政の縦割りに「横串」を刺す、あるいは公的制度のいわゆる「狭間」に位置している具体的な社会の諸課題を抽出し、可視化する。
② 成果に着目しつつ休眠預金等に係る資金を効果的・効率的に活用し、社会の諸課題の解決に向けた取組を推進する。
③ 民間の創意・工夫を十分に活かし、複雑化・高度化した社会の諸課題を解決するための革新的な手法を開発し、実践する。
④ 自ら行う民間公益活動の成果評価を実施し、民間公益活動の見直しや人材等の資源配分への反映等、民間公益活動のマネジメントの中で評価を有効に活用する。
⑤ 現場のニーズや提案、事業成果等を、資金分配団体を通じて JANPIA にフィードバックすることにより、本制度の一層の改善につなげる。
 助成金額 1 団体あたりの助成額(上限及び目安):1000 万~2000 万円を目安
 応募締切 01月31日(金)必着
 問合せ 公募申請に関するお問い合わせは、下記e-mailにてお願いします
E-mail: jcs-josei@jcancer.jp(沖田、黒岩、川原)
url https://www.jcancer.jp/kyumin