コラボーレもおかロゴマーク
0285-81-5522

受付時間:9:00-21:00(火~金)

9:00-18:00(土・日)

ホーム » 助成金情報 » 2024年「砂防ボランティア基金」助成事業実施要領(3/31)

2024年「砂防ボランティア基金」助成事業実施要領(3/31)

助成分野

助成目的

わが国は世界有数の土砂災害が発生しやすい国といわれ、毎年各地で大雨や地震、火山活動などによって、がけ崩れ、土石流、地すべりなどが発生し、尊い人命が失われています。

 砂防の歴史は古く、万葉の時代にさかのぼるといわれています。土砂災害を防ぐために、川辺の山林伐採を禁止するなど土砂災害を引き起こすような行為が制限され、また、砂防堰堤等が整備されてきました。明治以降砂防法などの法律が制定され、数多くの「砂防指定地」、「地すべり防止区域」、「急傾斜地崩壊危険区域」が指定され、また、砂防設備や地すべり防止施設、急傾斜地崩壊防止施設が整備されてきました。しかし、今なお土砂災害は跡を絶ちません。

 砂防フロンティア整備推進機構は、砂防指定地等及びその周辺の保全整備と砂防事業等に関連する地域活性化のための調査研究を行い、その成果を幅広く社会に提供すること等を目的とした財団法人として平成3年10月18日に設立され、その後平成24年4月1日に一般財団法人となって現在に至っています。

助成対象

(1)砂防ボランティア活動を実施する団体又は個人(個人については砂防ボランティア活動を実施する団体と連携して活動を実施すること)が土砂災害被災地域において実施するボランティア活動
(2)砂防ボランティア活動を実施する団体又は個人(個人については砂防ボランティア活動を実施する団体と連携して活動を実施すること)が実施する模範的な研究会、講習会等
(3)特別枠
 ①小・中学生を対象とした防災教育の教材づくり等
 ②広報を目的とした過去の砂防ボランティア活動資料の整理(ホームページ作成費用を含むことができる)
 ただし、令和4から6年度を予定しているが、1団体1回限りの助成とし、予定金額を超え次第終了する。

 

なお、(2)の「研究会、講習会等」としては、砂防行政への支援活動、地域に根ざした防災活動なども含まれる。

助成金額

1団体1回限りの助成とし、予定金額を超え次第終了
助成対象数は概ね40件程度

応募締め切り

2024年3月31日(日)

問い合わせ

一般財団法人 砂防フロンティア整備推進機構 企画調査部
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館6階
電話:03-5216-5872(代表) FAX:03-3262-2202
メール:kikaku_shomu@sff.or.jp

URL

 https://www.sff.or.jp/volunteerkikin/guide_r06/