コラボーレもおかロゴマーク
0285-81-5522

受付時間:9:00-21:00(火~金)

9:00-18:00(土・日)

ホーム » 助成金情報 » 自然保護助成基金 第35期 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成(7/11)

自然保護助成基金 第35期 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成(7/11)

助成分野

助成目的

プロ・ナトゥーラ・ファンド助成では、自然保護のためのフィールドワークに基づいた基礎的な研究や、地域に根ざした自然保護活動、当財団が年度ごとに定める特定のテーマに取り組むプロジェクトに対して助成を行います。

助成対象

A.国内研究助成・・・日本国内における自然保護の基礎となる調査・研究
B.国内活動助成・・・日本国内における自然保護のための保全・普及・啓発活動
地域NPO 活動枠・・・日本国内の地域のNPO による自然保護のための保全・普及・啓発活動
C.海外助成・・・開発途上地域における自然保護のための調査・研究、及び教育・普及・啓発活動
D.特定テーマ助成・・・
① 植物
日本国内における絶滅が危惧される植物(種あるいは群生地)の保全に関する研究・活動
②沿岸域・河口域
日本国内における沿岸域・河口域の生物多様性保全に資する研究・活動に対し助成
【共通】
プロ・ナトゥーラ・ファンド助成に応募するためには、以下の①②を満たす必要があります。
① 3 人以上のグループで、責任者・会計責任者をそれぞれ割り当てる(兼任不可)ことができること。
・大学や研究機関等に所属する研究者からなる研究グループ
・大学等に所属する学生グループ
・各地の市民グループ
・公益財団/社団法人、一般財団/社団法人、NPO 法人
・国内・海外の自然保護団体に属しているメンバーのグループ など
② 自然保護のための調査・研究・活動を企画、遂行できること。
※一般の方や学生の申請も歓迎します。
※年齢制限はありません。
※1つの団体が、プロ・ナトゥーラ・ファンド助成を同時期に重複して受け取ることはできません。
※法人として申請する場合、代表者は法人代表者ではなくプロジェクト遂行の責任を負う者としてください。
※大学の研究者等が代表者で、会計実務を所属機関事務員に委託する場合でも、会計の責任は団体メンバーが負
います。したがって、会計責任者は団体メンバーが分担してください。
【B.国内活動助成の地域NPO 活動枠】
地域NPO 活動枠への応募は、①については、地域に根ざした活動を3 年以上続けているNPO 法人(特定非
営利活動法人、認定特定非営利活動法人)であることが必要です。
【C.海外助成】
海外助成への応募は、①・②に加え、以下の内容も満たす必要があります。
(上記①について)
・プロジェクト実施地域で活動したことのある日本人メンバーが1 名以上含まれていること。
・会計責任者は日本人メンバーであること。
・代表者は、プロジェクトを実施する地域の自然保護に貢献する研究や活動の実績を持っていること。
・日本人メンバーは、グループの代表者またはグループメンバーと共同でプロジェクトを実施した経験が
あり、十分な信頼関係を有していること。
・代表者が日本語でのコミュニケーションが難しい場合は、日本人メンバーが巻末資料①「C.海外助成
日本人メンバーの役割」に定める役割を果たすことができること。
(上記②について)
・成果をプロジェクト実施地域の自然保護に役立てる能力があること。
以下の団体は応募できません。
・営利を目的とした活動を行う団体。
・特定の政治・思想・宗教等の活動を目的とした団体。
・暴力団、もしくはそれに準ずる団体。
・他の機関から委託を受けて活動を行う団体。
・当財団の評議員、役員、審査委員を含む団体。
・学協会団体(法人化している場合も含む)。
以下の研究・活動は応募できません。
4
・営利を目的としたもの。
・経済・消費活動を調査・研究の対象としているもの。

助成金額

A.1件あたり上限100万円/1~2年間
B.1件あたり上限100万円/1年間
C.1件あたり上限100万円/1年間
D.1件あたり上限100万円/1年間 または 上限200万円/2年間

応募締め切り

2024 年7 月11 日(木)

問い合わせ

公益財団法人自然保護助成基金 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成担当係
Tel:03-5454-1789
Fax:03-5454-2838
Email: office@pronaturajapan.com

URL

 https://www.pronaturajapan.com/foundation/pronatura_fund.html#sec02