コラボーレもおかロゴマーク
0285-81-5522

受付時間:9:00-21:00(火~金)

9:00-18:00(土・日)

ホーム » 助成金情報 » 第19回「マニフェスト大賞」(7/31)

第19回「マニフェスト大賞」(7/31)

助成分野

助成目的

第19回マニフェスト大賞の応募受付が始まりました。期間は、2024年6月1日(土曜日)から7月31日(水曜日)までです。
 マニフェスト大賞は、どなたでも応募できます。議会(議会・委員会・議長・会派・議員・議会事務局等)、執行機関(首長・教育委員会・選挙管理委員会等及びその補助機関等)、市民(市民・市民団体・企業・非営利団体・報道機関等)など応募主体を問いません。
 優秀賞以外にも、各地域の優れた取り組みとして「エリア選抜」(優秀賞候補)を発表するほか、授賞式当日に最優秀賞とグランプリを発表します。今年からは、インターネット投票で選ぶ「インターネット投票特別賞」も新設されました。皆様からのご応募をお待ちしています。

助成対象

① ローカル・マニフェスト部門
分権自立、生活者起点の視点で作成された優れたローカル・マニフェストを表彰する。マニフェストそのものの出来栄えに加え、ローカル・マニフェスト基づいた活動、ローカル・マニフェストの検証・改善を繰り返すマニフェストサイクルの促進などを評価する。

 

② シティズンシップ部門
投票啓発を含むシティズンシップ推進に関する取り組み、こども・若者の意見創出、意見反映、市民マニフェストなどの取り組みを表彰する。

 

③ 議会改革部門
議会、議会事務局またはその双方による、住民福祉の向上に寄与するための取り組み、議会の機能充実の取り組み、市民の参画や政策形成サイクルを議会運営上のシステムとして確立している取り組みなどを表彰する。

 

④ 政策・まちづくり部門
議員、首長、市民、メディア、民間などあらゆる主体が対象。課題を的確に捉え持続可能な地域を築くため、解決に向けた成果を生み出している優れた取り組みや、新規性や独創性にとんだ優れた取り組みを表彰する。評価にあたっては、既存の枠組みや国の支援に依存するのではなく、地域が主体的、前向きに取り組む姿勢を重視する。

 

・グランプリ
すべての部門の最優秀賞受賞者の中から、グランプリを決定し表彰します。

 

・特別賞(特別審査委員賞)
特別審査委員が独自の視点で決定します(4部門の審査には影響しません)。
決定は 10 月下旬(予定)で、該当者に個別連絡します。なお、発表は授賞式当日です。

 

・特別賞(インターネット投票特別賞)
「応援したい取り組み」をインターネットによる一般投票で選び、得票上位の取り組みを「インターネット投票特別賞」に決定します(4部門の審査には影響しません)。インターネット投票は、10 月上旬の優秀賞発表後に開始します。

助成金額

① ローカル・マニフェスト部門
対 象:首長、議員・会派
授 賞:最優秀賞:2(首長1、議員・会派1)優秀賞:複数

 

② シティズンシップ部門
対 象:すべて
授 賞:最優秀賞:1 優秀賞:複数

 

③ 議会改革部門
対 象:議会(議長、委員会、事務局等可)
授 賞:最優秀賞:1 優秀賞:複数 躍進賞:複数

 

④ 政策・まちづくり部門
対 象:すべて
授 賞:最優秀賞:1 優秀賞:複数

 

・グランプリ
対 象:
ローカル・マニフェスト部門(首長、議員・会派)、
シティズンシップ部門、議会改革部門、政策・まち
づくり部門の各最優秀賞受賞者
授 賞:グランプリ:1

 

・特別賞(特別審査委員賞)
対 象:
エリア選抜(優秀賞の候補となるもの)の中から選
出(ただし4部門での受賞者となった場合は特別賞
の対象にはなりません)。
授 賞:箭内 道彦 選:1
          秋吉 久美子 選:1

 

・特別賞(インターネット投票特別賞)
対 象:
エリア選抜(優秀賞の候補となるもの)の中から選
出(ただし4部門での受賞者となった場合は特別賞
の対象にはなりません)。
授 賞:インターネット投票特別賞:得票上位の複数

応募締め切り

2024年7月31日(水)

問い合わせ

マニフェスト大賞 事務局
(早稲田大学マニフェスト研究所内/担当:山内・亀井)
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町517 ドラード早稲田402
メールはこちらからお願いします
電話:03-6709-6739
FAX:03-6709-6752

URL

 http://www.local-manifesto.jp/manifestoaward/docs/2024053100027/